12等級 瀧神社  新城市大海字宮ノ前1
創建は延久年中(1069 - 73年)という。 祭神は綿津見神(わたつみのかみ)で、例祭日は10月第2日曜日と月曜日(体育の日)で、子ども相撲・山車・手筒花火・大筒花火などがある。
そして、江戸時代の寛文12年(1672)頃、現在の瀧神社本殿が建てられ、この本殿が 平成25年(2013)12月24日、国の登録有形文化財(建造物) に指定されている。
神社の東側には豊川が流れ、川に下ると 鮎滝新滝 がある。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年02月24日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)下には豊川が流れ、滝が見える

(11)下に降りた所には「水天明王」が祀られている

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ