天神山のロウバイ(蝋梅)   新城市長篠字碁石50
花の少ない季節に、荏柄天神社 から 医王寺 へ向かう道路脇で、数本のロウバイが甘い香りを漂わせている。
通りがかりの地元の方の話では、昔はこの道沿いに沢山植えられていたのだが、年々数が少なくなって、今のような状態になったという。
古老が指さした斜面を見ると、所々に朽ち果てた根株が残っている・・・いずれこのまま無くなってしまうのだろうか?
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年02月02日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ