旧富栄小学校跡・二宮金次郎像   新城市富栄東貝津18-1
明治5年、第9中学区第8番郷学校として創立され、昭和51年(1976)3月31日 大野小学校、能登瀬小学校阿寺小学校細川小学校細川小学校巣山分校と統合して東陽小学校となる。現在は、校舎の一部が 居宅介護事業所 として利用されている。
そして、施設の入り口横に、二宮金次郎像が残されている。  
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年05月13日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ