松島遊歩道・名古屋城石垣採石跡  蒲郡市西浦町
西浦半島の先端、西浦温泉 の海岸沿いに造られた遊歩道で、知多半島や渥美半島、大海原を眺めながら散策する事ができる。
イシガニ、 イソガニなど海浜生物の観察も楽 しめ、磯釣りの最適なスポットで、釣り人に出会うことも多い。
途中には、西浦七福神 の恵比寿天像があり、 ここから少し南に進むと橋田鼻遊歩道 に入り、慶長15年(1610)、福島正則が徳川幕府の命を受けて名古屋城築城の為に、数トンから数十トンにも及ぶ石をここで切り出し、船に乗せて伊勢湾を渡り、名古屋城まで運んだという名古屋城石垣採石跡がある。
更に進むと、横田鼻灯台 等を眺めてパームビーチ に出ることができる。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2011年11月24日撮影 】
PHOTO-1

西浦松島の入り口から

PHOTO-2

PHOTO-3

海沿いに進む

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

名古屋城石垣採石跡

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

横田鼻遊歩道との分岐点まで

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ