三河地震による地割れ跡     蒲郡市一色町狭間20
昭和20年(1945年)1月13日午前3時38分頃、三河湾を震源とするマグニチュード7.1の直下型地震が発生し、三河湾沿いの地域に甚大な被害をもたらした。
その時、断層が起こり、宗徳寺 の裏山に1.5mの段差が出来た。 その断層跡は、昭和51年11月25日 市指定天然記念物となる。
形原神社には、地震から33年目を記念して建てられた わすれじの碑 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1) 宗徳寺の西側を進む

(2)

(3)

(4) 写真をクリックすると拡大表示されます

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ