JR飯田線 三河一宮駅      豊川市一宮町下新切33

明治30年(1897年)7月22日、豊川鉄道(現JR飯田線)の一ノ宮駅として開業し、大正5年(1916年)1月1日に三河一宮駅に改称。
平成2年(1990年)12月19日、砥鹿神社をイメージした駅舎にリニューアルし、平成24年(2012年)4月1日に無人駅となる。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ