豊川城跡(豊川村古屋敷跡)・光明寺    豊川市西豊町1丁目59
光明寺は浄土宗鎮西派の寺院で、山号は終南山、本尊は木造来迎阿弥陀如来立像。
三河国司であった 大江定基 の孫、大江定厳が豊川の地頭となり、この地に館を構えたのが始まりといわれている。
慶長7年(1602年)、刈谷藩主水野勝成の弟水野忠直(水野八十郎)が宝飯郡内で三千石を領して陣屋を構えた。現在は浄土宗終南山光明寺に変わり、墓地には水野八十郎の墓がある。
寛永11年(1634年)忠直が没し、子政直が継承したが、翌年、家禄は没収され、屋敷も取り壊された。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

(5)以前の本堂(2012年2月12日撮影)

(6)新しくなった本堂(2018年6月3日撮影)

(7)

(8)水野八十郎の墓

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ