天白社・イチョウの黄葉とギンナン  豊川市院之子町荒神10番
天白社の創建は明らかでない。 祭神は国常立尊(くにとこたちのみこと)で、例祭日は3月最終日曜日。
社殿の左手前にはイチョウの木があり、秋には黄葉が楽しめる。
葉が黄色くなり始めると境内には銀杏の実がいっぱい落ちて、銀杏拾いをしている人の姿をたびたび見かける。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年11月27日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)末社

(5)

(6)

(7)

(8)
秋には沢山のギンナンが生る【 2022年9月15日撮影 】

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます