篠田神社と御神木のクスノキ(楠)  豊川市篠田町上屋敷3
篠田神社の創建は明らかでないが、社殿の古い棟札は慶長3年(1598年)10月の物だという。
祭神は素盞鳴尊、大国主命で、例祭日は4月第2日曜日。
御神木のクスノキは樹高18m、幹周り3.7m、樹齢150年の大木で、根元の所に大きな瘤があり、この瘤に触って安産を祈願したところ立派な子供を授かったという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年11月05日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)拝殿の左手前にある御神木の楠 【 2021年11月5日撮影 】

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)この瘤に触ると安産に・・・

(16) ここをクリックすると、拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ