行明神社    豊川市行明町宮井戸596
文明2年(1470年)2月に社殿造営の古社という。祭神は素盞嗚命、白山比咩命で例祭日は4月2日。
大正11年10月16日 字水洗鎮座の村社白山神社を合祀し、素盞嗚神社を行明神社と改称。 本殿脇に 「村社 白山社・素盞嗚神社 合祀祈念」 碑がある。
鎌倉時代の建久年間(1190~1199年)、この地を 星野日向守 が支配し、行明神社は星野氏の崇敬社であったという。 
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年10月15日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ