坂田金時塚   豊川市平井町坂田後
坂田金時(金太郎)は源頼光(948年~1021年)に仕えた人で、頼光の四天王の一人。
源頼光は坂田金時を従えて東国征伐のために京都を出発し、平井にある 東林寺 に立ち寄り、朝敵征伐の祈願をしたという。
東林寺の薬師如来は、金時の念持仏でもあり、この奥にある塚は金時の墓であると伝えられている。 
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)塚はこの中にある

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ