真福寺のソテツ     豊橋市牟呂水神町13-1
和銅元年(708年)創立、1300年以上の歴史をもつ臨済宗妙心寺派の禅寺で、山号は瑞雲山。
観音堂には、真裏口(ませぐち)聖観音が祀られており、豊橋の民話 「 海に消えた皇子」が伝えられている。
境内には蘇鉄の木があり、夏には雄花が楽しめる。

   ソテツの花は、ここでも楽しめます
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年07月11日撮影 】

(1)

(2)

(3)宝篋印塔

(4)

(5)三十三観音

(6)本堂

(7)観音堂

(8)鐘楼

(9)夏には蘇鉄の花が楽しめる

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ