常心寺とイチョウの木    豊橋市杉山町字天津1-6
常心寺は、曹洞宗龍拈寺 の末寺で、本尊は阿弥陀如来座像。 本堂には吉田七福神 の布袋尊が安置され、毎年1月7日に大祭が行われる。
境内には36体のお地蔵さまが祀られ、その向かいにはイチョウの大木があり、晩秋には黄葉が楽しめる。

   イチョウの黄葉は、ここでも楽しめます。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年11月26日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ