源立寺と梅補句碑  豊橋市中岩田1-14-20
寛永4年(1627年)創立の浄土宗の寺院で、山号は勝林山、本尊は阿弥陀如来像。 
山門の瓦には、葵の紋が彫られているが、委細は分からない。
境内には俳諧人 梅補(田中雄吉)の句碑がある。
   犬つれて ゆく人遠き 冬田かな
梅補は渥美郡田原の生まれで、後に 一月院 に居住し、教鞭をとるようになってからは 祥雲寺 に居住を定めたという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年04月23日撮影 】

(1)山門は工事中!

(2)2018年8月2日に訪れたら完成していた!

(3)山門の屋根瓦には葵の紋が・・・・・ 委細は分からない

(4)

(5)梅補の句碑

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ