春日神社のイヌマキ(犬槇)・実  豊橋市多米東町一丁目20-3   市指定天然記念物    とよはしの巨木・名木100選
春日神社 の御神木のイヌマキは、幹周 3.43m、樹高 16.8m、推定樹齢 400年以上の他に2本の巨木がある。
マキは針葉樹で通称ホソバと言われ、生垣や防風林として利用される。 雌雄異株で、雌株には緑色の種子と赤い実が生り、実は食べられるが種子には毒があるという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
   

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)
秋になると実が生る  【 2022年10月30日撮影 】

(17)

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます