姫街道  豊橋市嵩山町
浜松と御油の追分を結ぶ旧東海道の脇街道で、白壁や土蔵、常夜灯、鎌倉時代の 正宗寺 や室町時代の 萬福寺 など往時の面影が色濃く残っている。  
途中までは舗装されているが、写真(4)から少し入ると、未舗装で石畳の道が続く。 
こんな道を、お姫様を乗せた籠が通ったなんて、昔の人ってすごいな~!   
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2005年02月20日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ