牛川人骨出土地・牛川原人史跡公園     豊橋市牛川町字乗小路
昭和32年(1957年)5月、牛川石灰鉱山で、10万年以上前と言われる更新世層から発見され、現存する化石人骨では国内最古のもの。
骨は96㎜ほどで人間の左上腕骨の一部だと考えられ、骨のレプリカは 豊橋市美術博物館 に展示してある。 
牛川石灰鉱山は昭和53年(1978年)に閉山となり、現在は住宅地と牛川原人史跡公園になっている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 【 2013年11月28日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)牛川原人の碑

(5)

(6)豊橋市美術博物館

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ