堀内村古屋敷跡  豊橋市下条東町字北ヶ谷
堀内村古屋敷は、安土桃山時代の天正元年(1573年)から天正2年(1574年)の間、菅沼新八定盈の屋敷とされているが、明確な位置は特定できず、下条東町の 霊江寺 付近だという。 豊橋百科事典
八名郡堀内村は昭和7年(1932年)に豊橋市下条東町になっているが、木戸口、中屋敷、小堀などの字名が残っており、霊江寺乗運寺正楽寺比売天神社 などがある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年10月05日撮影 】

(1)谷口の霊江寺

(2)木戸口の乗運寺

(3)木戸口の比売天神社

(4)中屋敷の正楽寺

(5)小堀周辺

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ