宮西古墳    豊橋市石巻本町字北山33 昭和61年(1986年) 3月28日  市指定史跡
石巻地区にある古墳群の一つで、古墳時代後期のもの。直径12m・高さ2mの盛土状で、内部は横穴式石室。
石室内の発掘調査によって、瑪瑙(めのう)製勾玉、琥珀製棗玉、ガラス製丸玉、金環等の装身具、刀、鍔等の鉄製品、かめ等の須恵器が出土している。

すぐ近くには、馬越長火塚古墳 もある。      
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)写真をクリックすると、拡大表示されます

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ