利兵池公園  豊橋市岩田町曽銀106
利兵池は寛文7年(1667年)吉田榎河岸の利兵衛が開発した農業用ため池で、この利兵衛の名前から池の名前が付けられたという。
この水面積3.6haの池の南側に、平成4年(1992年)3月に広大な利兵池公園が設けられ、池の周りの散策路とあわせて憩いの場となっている。そして、数少ない ” 釣りのできる池 ” でもあり、時々、釣り人の姿も見られる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年05月31日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ