白山神社  豊橋市三ノ輪町2-30
創建は弘仁8年(817年)と伝えられ、昔は白山権現と称していたという。
祭神は、戒成親王、豊受姫命(とようけひめのみこと)、火産霊神(ほむすびのかみ)、猿田彦命(さるたひこのみこと)、大蔵御祖神(おおとしみおやのかみ)で、例祭日は10月第2日曜日。
境内には「せんきの神」が祀られている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年01月26日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ