野依八幡社のウラシマソウ(花と実)   豊橋市野依町字八幡1番地
野依八幡社 の境内の西側、道路との境にウラシマソウが自生していて、5月には所々で釣り糸を垂れた花を見ることができる。
ウラシマソウは葉の下に隠れるように咲いているので、低い位置から覗き込むように見ないと確認できないかも知れない・・・
そして、初夏になると、トウモロコシを小さくした様な、緑色の実が生る。

   ウラシマソウの花は、ここでも楽しめます。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年05月02日撮影 】

(1)

(2)

(3)葉の下に隠れるように咲いている

(4)

(5)

(6)
初夏には緑色の実が生る 【 2021年6月30日撮影 】

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ