豊橋総合動植物公園のシモバシラ(霜柱)   豊橋市大岩町字大穴1-238
10月に入ると、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)植物園ゾーン でシモバシラの花を見ることができる。
冬になると茎は枯れてしまうが、根は生きているために、枯れた茎に水が吸い上げら、外気温が氷点下になると茎の中の水が凍って、中から氷柱ができるという。 この現象は1月の寒い日に新城市の 五葉湖の霜柱 は確認できるが、ここ、のんほいパークでも見ることができるだろうか・・・・???
シモバシラの花は、ここでも楽しめます。 このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年10月03日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ