傾城塚   豊橋市杉山町天津
龍神社 の西側の道から神社の南側を回る細い道がある。 ここを入ると数メートル先の左手に、何やら説明板らしきものが立っている。 
ここから奥に進んで行くとすぐ右手に大きな楠があり、その根元に小さな五輪塔が祀られている。
これが天津新田の開発にまつわる悲話の 「 傾城塚 」 だという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年12月31日撮影 】

(1)龍神社の裏に回り

(2) ここを入って行く。

(3)  ここから奥に進んで行くと・・・・

(4)

(5) 大きな楠があり、

(6) その根元に小さな五輪塔がある。

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ