機ご池   豊橋市下地町五貫
お腹に赤子を身ごもっていたお光が、はたごを背負って池に身を投じてから、この池の傍を通ると機を織る音と赤ん坊の泣き声が聞こえるという ” 機ご池 ” ・・・    豊橋の民話 片身のスズキ「機ご池」 
県道400号豊橋豊川線(豊川街道)の大賀里郵便局南の信号を西に入ってすぐの所に、小さな用水路が流れている。この辺りに ” 機ご池 ” があったというが、今は埋め立てられて跡形も無い。  
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年12月31日撮影 】

(1)

(2)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ