牛首地蔵  田原市堀切町鳥屋道
安政元年(1854年)11月4日 の 安政東海地震の際、堀切地区の人達は津波を恐れて、山の上まで走って避難したと言う。 この時、一人の女性が家の牛を思い出し、「一緒に逃げなくては・・・」と、牛を連れて津波から逃げる途中、牛と共に井戸に落ちて死んでしまった。
後に村の人たちによって、この牛首地蔵が建てられたという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年03月11日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます