當行寺・白井勝蔵の墓・イヌマキ  田原町本町9
當行寺は日蓮宗の寺院で、山号は真浄山。
イヌマキは通称ホソバと呼ばれ垣根等によく見られるが、当寺のイヌマキは、樹高 16.5m、幹周 3.08m、推定樹齢 300年以上の大木で、たはらしの巨木・名木100選(21) 渥美半島キラリ 100選 に選ばれている。 しかし、秋になっても実が見られないのは、この木は雄株か?
本堂右手墓地の中にあり、山門の外からでもすぐにわかるほどの大きさ。 すぐ横には大きな銀杏の木があり、秋には黄色い葉が映える。
墓地にはアメリカに渡った漂流者・白井勝蔵 の墓があり、江比間町の住吉神社には 漂流者謝恩燈籠 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年06月07日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10) すぐ横にはイチョウの木があり、秋には黄色く染まる
白井勝蔵の墓 【 2023年12月1日撮影 】

(10)駐車場から見た墓地

(11)白井勝蔵の墓

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で当サイトの写真・地図の複製を禁じます