慈眼寺・石神観音    田原市石神町西上ノ山8
曹洞宗の寺院で、山号は請雨山、本尊は聖観世音菩薩坐像。 寛文11年開山とされ、豊川閣妙厳寺(豊川稲荷)の末寺で、裏山には奥郡七観音(渥美七観音)の一つである石神観音が祀られている。
千手観世音菩薩霊場入口から裏山を登って行くと、文殊菩薩堂、緑の役者、弘法大師立像を経て、観音堂へ行くことができる。
観音堂は昭和3年に再建され、千手観世音菩薩、不動明王、毘沙門天が祀られているという。
      渥美町の伝説 「 仇討観音霊験記
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年10月26日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)三体地蔵(身代わり・子育て・お迎え)

(8)千手観世音菩薩霊場入口

(9)ここを上って行く

(10)文殊菩薩堂

(11)

(12)

(13)更にこの石段を上る

(14)険しい道

(15)

(16)役の行者

(17)弘法大師立像

(18)

(19)観音堂

(20)

(21)

(22)三十三観音

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ