伊良湖集落移転百周年記念碑   田原市日出町骨山
伊良湖の村は明治38年(1905年)9月17日、大砲の試し撃ちをするための施設「陸軍伊良湖試験場」拡大のため軍用地として買収され、伊良湖集落の人々は翌39年3月15日までに現在の場所に移転させられたという。
それから100年後の平成17年(2005年)11月23日、 伊良湖神社 の参道入口に「願はしきものは平和なり 」と刻まれた「伊良湖集落移転百周年記念碑」が建てられた。
すぐ右には、日中戦争に従軍して戦死された 兵士の像 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年12月27日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ