百々陶器窯跡(どうどうすえきかまあと)    田原市六連町一本木11 大正11年3月8日  国指定史跡
丘陵斜面にある古窯跡で、遺物は散布しているが構造全体はわからない。
散布遺物からは、平安末から鎌倉時代のものと考えられている。
いつも遺跡を探すのには苦労しているが、ここは道案内板があるのですぐにわかる。 
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6) 写真をクリックすると、拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ