つばき並木・椿のみち  田原市田原町山口
江戸時代、田原藩の武家屋敷には、敷地境に椿などを植えていました。これは、敷地の境界を明らかにするだけでなく、外部からの侵入を防いだり、また、椿の実を油に利用するといった実用面もありました。この周辺は、当時武家屋敷ということもあり、多くの椿が樹生しています。
      - 説明板より引用 -
椿の道は、 渥美半島キラリ100選(19) に選ばれている。
   ツバキの花は、ここでも楽しめます。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 【 2013年03月23日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ