豊邦 桑平墓地のカエデ(イロハモミジ)  北設楽郡設楽町豊邦字筒井平4-7
新城方面から国道420号を豊田方面に向かい、豊邦交流センターの少し手前の林道を右に入る。 暫く山の中を走ると、右手にアラヤ地区の部落が見える。 ここから2~30m程進んだ辺りに右に入る細い道がある。 車は入れない。 すぐに廃屋の民家の裏に出る。 その右手を見ると、沢山の石塔が並んでいて、そこから樹高 20m、根周り4.5m と云われる楓(イロハモミジ)の巨木が聳えている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年08月12日撮影 】

(1)この廃屋の裏にある。右手の方から裏に入る道がある。

(2)ここを右に上って行く

(3)正面に写真(1)の廃屋が見える。 右の細い道を上って行く。

(4)右手に楓の巨木が見える

(5)これがカエデの木?

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ