面ノ木ビジターセンター   北設楽郡設楽町津具字高笹
面ノ木ビジターセンター(資料展示館)は、昭和56年10月24日にオープンした、主に当地産の杉・檜を材料とした木造建築物で、津具高原の北端、標高1,000~1,300mの所にある。
園地中心部の天狗棚の頂上には、大天狗が棲んでいたと伝えられる岩穴や、国常立の命を祭る祠がある。又、展望台からは園地は勿論、はるか南アルプスの諸峰が望まれ、晴れた日には遠く富士山を望むことができ、秋には周りが一面、紅葉 に包まれる。
冬季(12月1日~3月31日)は営業していないので要注意!
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
   

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)多目的トイレは面ノ木休憩所の中にある

(9)

(10)

(11)

(12)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ