永観寺・道標  新城市八束穂ミウチビラ65
曹洞宗の寺院で、かっては尼寺だったが、昭和50年に建て直され、今は集会所として使われているという。
しかし、境内にはお薬師様や閻魔大王などが保存され、薬師堂の横には道標もあるが、チョット読み取れない。でも、前の道路は、高速道路脇には秋葉山常夜燈があり、西側の国道を横切った先には 諏訪神社 が鎮座しているなど、昔の街道筋だったかも知れない??
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年10月10日撮影 】

(1)山門は取り払われている

(2)

(3)

(4)薬師堂

(5)閻魔堂

(6)
境内には庚申塔や道標もある 【 2021年6月15日撮影 】

(7)庚申塔

(8)

(9)薬師堂の横には道標がある

(10)チョット読み取れない

(11)右 遠州 秋葉山?

(12)高速道路脇には秋葉山常夜燈もある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ