半田春平屋敷跡   新城市杉山字野中
明治3年末、新城を中心にして設楽八名宝飯の3郡75か村の農民たちは蓑着姿で年貢米減免を要求した大規模な百姓一揆を起こした。  これを蓑着騒動という。
半田春平 は天保2年(1831年) 生まれ、蓑着騒動の指導者で、近隣諸藩の出兵により鎮圧されて信州桔梗ヶ原におくられ、明治6年(1873年)3月22日獄死した。  享年43歳。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年10月09日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ