七人塚   新城市池場字下日向 
長篠合戦のとき織田・徳川の連合軍に破れた武田方の武士たち七人が、追われながら信州目指して逃げ続け、やっとこの地までたどり着いた。しかし、体中に幾つもの傷を受けていたので、とうとうここで力尽き、自匁して果てた。部落の人たちは気の毒に思い、塚を築いて丁重に葬ってやった。」 ― 鳳来町誌民族資料編(南設楽郡鳳来町発行) より ―

    個人宅の敷地内なので、詳しい場所は表示できません。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年04月16日撮影 】

(1)

(2)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ