慈眼寺館跡   新城市中宇利岡
国道301号富岡の交差点から南に300m程の所に東に伸びる道がある。ここを左折して1.8Km程進むと、田園地帯の北側に、東西に延びる丘陵地が確認できる。この福津川の南の丘陵地に築かれたのが慈眼寺館だが、築城時期や城主は不明。
現在は墓地や果樹園となっているが、土塁や曲輪等の遺構は確認できる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年12月11日撮影 】

(1)慈眼寺館跡の遠景・前方の丘陵地。

(2)

(3)

(4)土塁

(5)空堀

(6)

(7)曲輪

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ