八幡神社   新城市井代字シマ63
創建は天長年中(824 - 833年)で、当所の領主佐竹右近守勧請という。
祭神は応神天皇、火産霊神(ほむすびのかみ)で、例祭日は4月13日。
国道151号線より急な坂を下った所に鎮座しているが、鋭い鋭角に曲っているので、南から北に向かっている場合は曲りきれない。 一旦行き過ぎてUターンしてから南下して右折した方が良い。 道路よりかなり低い所なので、国道から確認することはできない。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年04月05日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)神社より国道151号線を見上げる

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ