洞雲寺・森の石松の墓   新城市富岡半原田60
清水の次郎長 の子分であり、大政小政とともに活躍した森の石松 は、浜松の都鳥一家のだまし討ちにあい、文久2年 37歳で没。 一緒にいた弟の庄治朗が石松の遺体を馬につけ、故郷の洞雲寺に運んで葬ったという。 新城昔ばなし 365話 「 森の石松
墓はお寺の前の道を右に進み、すぐの角を北上するともう一つの墓所があり、石松の墓はここにある。 そして、同じ墓地の中には、中村メイコの墓 が出来ている。 近くには、森の石松が生まれたという生家跡 がある。
洞雲寺は真言宗の寺院で、山号は松陽山。 三河准四国八十八ヶ所9番霊場東三河四郡弘法大師88番霊場
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2) 写真をクリックすると拡大表示されます

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)森の石松の墓はここにある

(13)

(14)森の石松の生家跡

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ