山寺観音道道標   新城市副川作り道
県道32号長篠東栄線を北上し、三河大石 の手前から伊那街道へ入って600m程進むと小さな橋がある。その先に右に入る細い道があり、そこの北東角にある石柱が、江戸時代の文化12年(1815年)に建てられた山寺観音道道標。ここから山の中へ入って行くと、山寺の寝観音 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年01月04日撮影 】

(1)伊那街道を北上すると右手にある

(2)山寺寝観音は、ここから山の中へ入る

(3)山寺観音道

(4)文化十二年六月

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ