岡田紋三郎翁之像   蒲郡市西浦町宮地
明治8年(1875年) 現在の西浦町に生まれ、26歳で西浦村の収入役に就任。 その後、西浦村長、漁業組合長などを務め、後に西浦町の初代町長となり、採石業や漁業など西浦町の基盤整備や産業振興に大きな功績を残す。 銅像は西浦公民館の一角にある。
また、公民館の前の西浦小学校には、二宮金次郎の像 がある。


このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年01月16日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ