稲石佐平翁頌徳碑   蒲郡市大塚町広畑72
稲石佐平は、19才の時、江戸に出て山岡鉄舟の門に入り、その後、大塚に戻ってアサリや海苔の養殖など郷土の発展に尽くし、75才で没。
かまこおり風土記には、「草むすにまかす頌徳碑」として紹介されているが、これは、元大塚村役場前に碑があった時の様子。
今は、大塚町の 素戔嗚神社 の鳥居の右手に移されている。

   かまこおり風土記「 革むすにまかす頌徳碑」  
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年11月05日撮影 】

(1)素戔嗚神社

(2)鳥居の右手に石碑がある

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ