明光寺の五輪塔と石仏群  豊川市宿町光道寺46
宿町の旧国道(県道496号)沿いにある明光寺境内の一角に、上部の欠けた五輪塔があり、こんな言い伝えが残っている。
「今から三百年ほど前の古い絵図をみると、現在の豊川市蔵子町と小坂井町宿とが、野川の川筋のことについて、地境の争いがたびたびあったことがわかります。 当時、その地境に五輪塔があり、両方でうばいあったと言われています。 この五輪塔は誰が建てたのか、誰を祀ったものかはっきりわかりません。 現在、塔の上の部分は、豊川市蔵子町の共同墓地にあり、下部は小坂井町宿の明光寺の境内にあります。」
            小坂井のむかし話「地境争いと五輪の塔」より
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年11月04日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ