善住寺・赤松則村供養塔・お庚申様とイボ  豊川市小坂井町北浦11
曹洞宗の寺院で、山号は小坂山。 墓地の一角に、南北朝時代の武将で足利政権樹立に大きな力となった赤松則村父子の供養塔がある。
善住寺境内の一角には小坂井東尋常高等小学校跡の碑 がある。 ちなみに日本画家の平川敏夫 は、1940年に小坂井東尋常高等小学校を卒業している。
そして本堂の手前左手には庚申様の祠があり、 お庚申様とイボ の昔ばなしが残っている。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年11月04日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)赤松則村供養塔(中央):写真をクリックすると拡大表示されます

(5)旧小坂井東尋常高等小学校跡の碑

(6) 庚申碑

(7)御真言が刻まれた石柱

(8)この線香の灰をイボにつける

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ