法住寺・千手観音     豊川市御津町赤根字百々61
曹洞宗の寺院で、山号は呑海山、三河准四国八十八ヶ所51番霊場東三新四国八十八ヶ所53番霊場穂の国三十三観音10番霊場
永正5年(1508) 将軍足利義澄 が創建。 当初はささやかな小庵にすぎなかったが、後にこの地の領主松平長三郎忠高によって諸堂が造営され、法住寺と改められた。 松平忠高の墓は、本堂裏の墓地の一角にある。 ちなみに、忠高の妻は、吉良上野介義央 の父の妹とか・・・
毎月17日の観音様命日には千手観音菩薩が拝観でき、参道から観音堂周辺には多くの露店も並び、沢山の参拝者でにぎわう。

法住寺 足利義澄 吉良上野介義央  波多野全慶 織田信秀 詳しい地図はここをクリック  一つ前へ戻る  HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

山門

PHOTO-3

観音堂

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

本堂

PHOTO-7

PHOTO-8

四国八十八箇所霊場

PHOTO-9

PHOTO-10

松平長三郎忠高の墓

PHOTO-11

森下入道の墓

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

季節には梅の花も・・・

PHOTO-16

PHOTO-17

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ