大恩寺・徳川宝筺院塔四基   豊川市御津町広石御津山5

永禄・元亀の頃住職を務めた 大恩寺 の成誉上人は松平清廉の三男であり、この叔父の寺を家康は手厚く保護した。 本殿に向かって左手の道を墓地に向かう途中、左手の茂みに隠れるように清廉夫婦、広忠、亀姫の墓がある。 


このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年06月27日撮影 】

(1) 墓に向かう道の左手の茂みの中にある

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ