長泉寺と盤城平藩士の墓     豊川市国府町青馬113
長泉寺は真宗大谷派の寺院で、山号は天皇山。

昔、国府村は享和3年(1803年)から明治2年(1869年)まで陸奥国盤城平藩(いわきたいらはん)の所領となり、現在の 国府小学校 辺りに国府陣屋が置かれた。 この陣屋に陸奥の国から派遣され、この地で没した藩士の墓が長泉寺の墓地の北側の端にある。
                                 ― 東三河の歴史(郷土出版社発行)より ―
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年05月24日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)墓地はこの奥にある

(10)盤城平藩士の墓

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ