宮路山・宮道天神社奥院  豊川市赤坂町
標高362mの頂上には持統天皇の聖跡があり、三河湾や東三河平野の眺望がすばらしく、春の花、秋の紅葉、自然遊歩道、森林浴等々、ハイキングコースとしても四季折々の賑わいを見せている。 頂上へ続く北斜面一帯は「ドウダン」と呼ばれる「コアブラツツジ」の自生地で、 市指定天然記念物 になっている。
「コアブラツツジ」の紅葉が真っ盛りの11月中旬には、「宮路山もみじまつり」 が開催され、餅つき、甘酒、郷土料理などがふるまわれる。
また、山頂より南東に少し下った所には宮道天神社 の奥の院 があり、天候に恵まれれば、ここから富士山を望むこともでき、更に、北東に下った所からは木曽の御嶽山を望むこともできる。
持統天皇  宮路山 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る    HOMEへ戻る
【 2011年12月04日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4) 持統天皇聖跡

(5) 三河湾を望む

(6) 東三河平野を望む

(7)

(8)

(9) 宮道天神社奥院

(10)

(11) 宮道天神社奥院の前から富士山を望む

(12) 木曽御嶽山を望む

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ