平壌池・ホテイアオイ    豊川市御津町高坂
御津高校へ行く手前にあり、明治27年(1894)日清戦争における平壌での戦勝を記念して、広石の 渡辺鑵造 が私財を投じて造った灌漑用の池。
昭和43年(1968)に豊川用水ができるまでの間、広石地区の田に水を供給してきたが、今は水路を断たれ水草が生い茂り、季節には池一面に咲くホテイアオイの花と出会うことができる。
しかし、2017年にバイパス道路工事の為、2018年5月に確認したら池は半分埋められて、ホテイアオイは取り除かれている。 そして、石標は北側に移されていた。
日清戦争  ホテイアオイ 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2011年08月24日撮影 】

(1) 一面、ホテイアオイで埋め尽くされる

(2)

(3)

(4)

(5)

(6) 従是西平壤池道

(7) 2017年4月4日、道路拡張工事で池は埋め立てられて、

(8)2018年5月に確認したら半分くらいになっていた。

(9)道路は奇麗に整備され、

(10)左の写真の電柱の脇に石標は移されてあった。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ