白井家住宅主屋   豊川市国府町流霞157
国道一号線国府駅前の信号から、国府駅を背にして西へ200m程進むと旧東海道と交差する。 この交差点の北西角、旧東海道に面して建っているのが江戸末期から造酒屋を営んだという白井家の住宅で、平成16年(2004年)7月23日国の登録有形文化財に指定(非公開)されている。 
昔、「白井醸造」という酒造工場があったのを覚えている方も多いはず・・・
東三河の文化財 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年07月29日撮影 】

(1)

(2)

(3)旧東海道に面して建っている

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ